胎児と妊婦を守る葉酸|妊娠している女性をサポートします

もうすぐ我が子とご対面

看護師

初産の人が注意すること

妊娠し臨月に入ると、妊婦はもちろんのこと、パートナーも家族ももうすぐ会える赤ちゃんに思いをはせるものです。特に初産の妊婦さんにとって、臨月までの道のりはとても長かったことと思います。お腹もせり出してきて動くことが大変になってくる時期ですが、臨月に入ると妊婦はいくつか注意して生活を送る必要があります。まずは食事です。妊娠後期は赤ちゃんの成長が著しく、大きくなった子宮が胃を押し上げ食事の時に苦しい思いをすることがありましたが、臨月に入ると赤ちゃんが下がってきて、今度は食事がとりやすくなります。そこで気を付けたいのが体重管理です。今まで思い切り食べられなかったことや、出産後は外出がままならないので今のうちにと外食をし過ぎたりすると急に体重が増加したり、塩分や脂質の摂り過ぎにより尿蛋白や高血圧の原因になることもあり注意が必要です。

妊娠高血圧症候群に注意

臨月では外出先でも注意が必要です。臨月とはいつ生まれてもおかしくない時なので、常に母子健康手帳は携帯しましょう。遠出は避け、病院から遠く離れるお出かけは避けた方が無難です。適度な運動もスムーズな出産に向けて効果があります。昔からよくいわれることに「雑巾がけ」や「階段昇降」があります。お腹の張りや妊娠高血圧症候群などで医師から安静を言い渡されている人は別ですが、逆に医師からどんどん運動しましょうと言われている人は、軽いウォーキングや部屋の雑巾がけなどで適度に運動することがお薦めです。初産の妊婦は赤ちゃんがなかなか下がってこないこともあり、陣痛時長引くことがあります。適度な運動でお腹の張りを起こすことで、赤ちゃんが自然に下りてくるのを促すことが出来ます。