胎児と妊婦を守る葉酸|妊娠している女性をサポートします

母体と胎児に必要な栄養素

男女

体の働きに欠かせない葉酸とは、ビタミンB群のひとつで緑黄色野菜や肝臓などに含まれています。血をつくる働きをしていて不足すると貧血をおこしてしまいます。また、熱に弱く水溶性なので食品を調理すると50パーセントぐらいが分解してしまいます。そして、体内に蓄積している時間が短いので毎日摂取することが大事です。葉酸を多く含んだ食べ物には、レバーやほうれん草、納豆、いちご、ブロッコリー、アスパラガスなどがあります。妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいるので妊娠していない時よりも多く葉酸をとる必要があります。食品を毎日多く摂取することは難しいので葉酸サプリメントがあります。妊娠中は食べ物の好みが変わったり臭いに敏感になりがちなのでとても効果的です。

葉酸は、母体にも胎児にも必要な栄養素なので意識してとることが大切です。葉酸を含んだ野菜を購入したらすぐに保存をし新鮮なうちに食べることや、茹でる時には煮汁ごと食べれるようにスープや味噌汁にします。妊娠中に一定の栄養素を取りつづけるのがたいへんで難しい時には葉酸サプリメントがおすすめです。葉酸を含んだ食品を摂取すると50パーセントほどしか体内に残りませんがサプリメントは85パーセントほど体内に残ります。妊婦さんに負担も少なく摂取できるので人気です。葉酸をとることで胎児に悪影響を予防できて、貧血予防にもなります。サプリメントによって安定して栄養素を取りつづけれるので多くの妊婦さんにとって強い味方です。